胃もたれや吐き気など、胃腸の調子が悪いと不快なもので、気分もすぐれません。
また、胃は1日で穴が開いてしまうほど繊細なので、注意が必要です。

症状が重いときは、必ず医師の診察を受けましょう。
症状が軽いときは、胃腸の調子を整えてくれるハーブティーで予防してみましょう。

おすすめのハーブティーは、ペパーミントです。

ペパーミントには、胃腸や肝臓、胆のうの働きを促進させる作用があり、胃の痛みや胃もたれなどの解消に役立ちます。食べすぎや飲みすぎた後にもおすすめです。

胃の不調の原因には、疲労や過食などがありますが、多くがストレスだと言われています。したがって、ストレスを緩和させてくれるハーブティーをブレンドするのも良いです。

ペパーミントをベースにして、健胃作用のあるジャーマンカモミールなど、症状にあわせて色々とブレンドしてみましょう。

以下、おススメのハーブティーをご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

オレンジピール

オレンジピール

落ち込んだ心を元気づけてくれるティー。

オレンジの香りと甘み。

カモミール

カモミール

飲みやすく、気分を落ち着かせてくれるハーブ。

胃腸の調子を整える作用があり、吐き気、食べすぎ、ストレス性の下痢などに有効。また、ストレスや不安、不眠にも有効です。

香りと味:ジャーマンカモミール:リンゴのような香りで、甘くやさしい味。

ネトル

ネトル

花粉症などのアレルギー症状や、貧血の予防に。

貧血の予防や、生理時の出血量の調整、花粉症、ぜん息、関節炎、リウマチ、痛風など、様々な症状に効果が期待できます。

香りと味:緑茶のような香りと味で、飲みやすい。

ペパーミント

ペパーミント

胃腸の調子を整えてくれるハーブティー。

メントールの清涼感と甘い香りで、後味はさっぱり。