ハーブティーの入れ方は、紅茶の入れ方とほとんど同じです。正しい入れ方を学んで、香りや味、効能を最大限に引き出しましょう。

このページでは、ハーブティーの入れ方「ドライハーブの場合」と、「フレッシュハーブの場合」をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

ドライハーブの場合

1.ティーカップとティーポットを温める

あらかじめ、ティーカップとティーポットに沸騰したお湯を注いで、温めておきましょう。これは、冷めたティーカップやティーポットに湯を注いだ際に、冷めてしまわないようにするためです。

しばらく放置して温まったら、お湯を捨てます。

2.ティーポットにドライハーブを入れる

ティーポットにドライハーブを入れましょう。

ドライハーブの量は、カップ1杯分(約150~180ml)に対して、小さいスプーン山盛り1杯が目安ですが、ハーブの種類や、味の好みによって、お湯で調節していきましょう。

この際、ドライハーブを指で軽く砕くと、香りと味わいが深まります。

また、スパイス類や果実のような硬いものは、スプーンなどの硬いもので砕いておくと、エキスが抽出されやすくなります。

3.ティーポットに熱湯を注ぐ

沸騰させたお湯を、ティーポットに静かに注ぎます。そして、ティーポットのフタをして、3~7分ほど放置して、蒸らします。

香りと温度を維持するために、フタは必ず占めましょう。

スパイス類や果実のような硬いものは、少し多めに10分程度の時間をかけて蒸らすと、エキスが抽出されやすくなります。

4.ティーポットをかき回す

ティーポットのフタを開けてスプーンを入れ、軽くゆっくりと回して、ティーの濃さを均一にします。

5.茶こしを使って、カップにティーを注ぐ

温めておいたティーカップに茶こしをセットして、ゆっくりと注いでいきます。目の細かい茶こしを使うと、カップにハーブのカスが入りにくいです。

以上、ハーブティー(ドライハーブ)の入れ方でした!次は、フレッシュハーブの入れ方をみてみましょう。

フレッシュハーブの場合

フレッシュハーブの入れ方も、基本的にはドライハーブと一緒です。

1.ティーカップとティーポットを温める

ドライハーブの時と同様、最初に、ティーカップとティーポットにお湯を注いで、温めておきましょう。そして、しばらく放置して温まったら、お湯を捨てます。

これは、ティーカップやティーポットにお湯を注いだ際に、冷めてしまわないようにするためです。

2.フレッシュハーブの量

ティーポットに入れるフレッシュハーブ量は、ティーカップ1杯分(約150~180ml)に対して、小さなスプーンで山盛り3杯程度が基準です。

ドライハーブの約3倍分を目安にしてもいいでしょう。

例えば、ミント類なら7~10枚程度の葉が適量となります。

フレッシュハーブは、ティーポットに入れる前に、軽く洗って、よく水気を切ります。そして、指でちぎるか、ハサミでカットして、細かくします。

3.ティーポットにフレッシュハーブを入れる

ティーポットに、フレッシュハーブを入れます。

入れる前に、フレッシュハーブを手のひらで軽くたたくと、香りが豊かになります。

4.ティーポットに熱湯を注ぐ。

沸騰させたお湯を、ティーポットに静かに注ぎます。そして、ティーポットのフタをして、3~5分ほど放置して、蒸らします。

香りと温度を維持するために、フタは必ず占めましょう。

4.ティーポットをかき回す。

ティーポットのフタを開けてスプーンを入れ、軽くゆっくりと回して、ティーの濃さを均一にします。

5.茶こしを使って、カップにティーを注ぐ。

ティーカップに茶こしをセットして、ゆっくりと注いでいきます。目の細かい茶こしを使うと、カップにハーブのカスが入りにくいです。

以上、ハーブティーの入れ方でした!