オレンジピール茶

落ち込んだ心を元気づけてくれるティー。

オレンジピールは、ビターオレンジの果皮を乾燥させて入れたティーです。オレンジには、ビターとスイートの2種類があり、スイートオレンジを混ぜることもあります。

ビタミンCが豊富なオレンジピールは、柑橘系の爽やかな香りがします。

心を元気づけてくれる抗うつ作用があり、疲れなどで気持ちが落ち込んでいるときに、オレンジピールティーを飲むと良いでしょう。

また、抗うつ作用のほかにも、神経を鎮静させる作用もあります。
不安で眠れない夜や、仕事や勉強の合間の気分のリフレッシュにも役立ちます。

また、腸の働きを正常に保つ効果もあり、便秘や軽い下痢にも有効です。

スポンサードリンク

作用

抗うつ、鎮痙、健胃、整腸、鎮静、消化機能亢進など。

味と香り

オレンジの香りと甘み。

注意事項

  • むかつきを伴う偏頭痛、関節炎の症状があるときは飲用を避けましょう。

どんなハーブ?

オレンジピールは、インドを原産とするミカン科 ミカン属の常緑小高木です。和名は「アマダイダイ(甘橙、甘代々)」と呼ばれています。

データ

学名 Citrus aurantium / Cilrus sinensis
英名 Orange Peel(オレンジピール)
別名
和名 アマダイダイ(甘橙、甘代々)
科名 ミカン科 ミカン属
分類 常緑小高木
原産地 インド
ティーに使う部分 果皮
主要成分 精油、フラボノイド、ビタミン類