サフラワー茶

冷え性、生理痛、生理不順、更年期障害などに役立つ、女性に優しいハーブ。

赤や黄色の染料として、古くから使われてきたサフラワー。
エジプトのミイラがまとっていた衣は、サフラワーの花で染められたものだといいます。

日本では「紅花ベニバナ」と呼ばれ、染料や口紅にも使われています。

中国では古くから「血を動かす」薬草として利用されてきており、血流を刺激して血行をよくし、体を温める作用があります。そのため、冷え性の改善に役立ちます。

また、通経作用に優れており、女性特有の症状である生理痛、生理不順、更年期障害といいた婦人科系の症状を和らげます。

そのため、女性に優しいハーブと言われています。

スポンサードリンク

作用

血行促進、子宮収縮、通経、発汗、緩下など。

味と香り

優しいフローラル系の香りで、口当たりがまろやか。あっさりして飲み安い。

注意事項

  • キク科アレルギーのある方は注意しましょう。
  • 妊娠中の方は、使用を避けましょう。
  • 出血性疾患、消化性ある方は、使用を避けましょう。

どんなハーブ?

サフラワーは、エジプトを原産とするキク科 ベニバナ属の一年草、または越年草です。和名は「紅花(ベニバナ)、末摘花(スエツムハナ)」などと呼ばれています。

データ

学名 Cartbamus tinctorius
英名 Safflower
別名
科名 キク科 ベニバナ属
分類 一年草、または越年草
和名 紅花(ベニバナ)、末摘花(スエツムハナ)
原産地 エジプト
ティーに使う部分
主要成分 脂肪酸、リグナン、フラボノイド、ステロール