クミスクチン

体内の余分や水分を排出!むくみの改善やダイエットに♪

ヨーロッパでは100年以上前から医薬品原料(利尿剤)として利用されているクミスクチン茶。

現在では日本でも注目されるハーブティーであり、「ウコン」や「グァバ」に並んで三大薬草茶と呼ばれています。

効能としては、カリウムを多く含むため、利尿作用に優れています

体内から水分を排出する際に、ナトリウムや塩素、窒素化合物を排出する働きがあり、高血圧や痛風に効果的です。

さらに、肝臓の機能を高める働きもあり、また、体内の余分な水分が排出されることから、ダイエット効果も期待できます。

そのほか、ポリフェノールの一種である「ロズマリン酸」を含むため、美肌効果やがんの予防にも効果があると言われています。

和名は「ネコノヒゲ (猫の髭)」と呼ばれており、おしべの形が猫の髭ににていることから、その名が付いたといわれています。

スポンサードリンク

作用

利尿、etc…

味と香り

草のような香りで、癖がなくさっぱりとした味。

注意事項

  • 特になし。

どんなハーブ?

クミスクチンは、インド、マレー半島を原産とするシソ科 ネコノヒゲ属の多年草、または一年草です。和名は「ネコノヒゲ (猫の髭)」と呼ばれています。

データ

学名 Orthosiphon aristatus
英名 cat’s whiskers(キャッツウィスカー)
別名
科名 シソ科 ネコノヒゲ属
分類 多年草、または一年草
和名 ネコノヒゲ (猫の髭)
原産地 インド、マレー半島
ティーに使う部分
主要成分 オルソシフオニン、ロズマリン酸、カリウム、精油、脂肪性フラボン、etc…