スカルキャップ茶

ストレスなどの精神的不調を緩和するハーブ♪

アメリカの先住民が、狂犬病の治療薬として利用していたスカルキャップ。それがヨーロッパにも知られるようになり、「狂犬病のハーブ」と呼ばれていました。

効能としては、神経系を強壮・鎮静する作用があり、ストレスや不安、緊張、うつ、パニック、不眠症など、精神的不調を緩和する効果が期待できます。

神経衰弱、神経過敏などの神経疾患にも有効です。

現代社会ではストレスがつきものです。仕事でストレスを感じたり、日々の生活の中で悩みを抱え、精神的にまいっているときなどにティーとして飲むと、症状の改善に役立ちます。

また、筋肉の緊張を和らげる作用があり、生理痛に有効とされています。

スポンサードリンク

作用

強壮、鎮静、収れん、錘痙、etc…

味と香り

爽やかな香りと、少し苦味のある味。

注意事項

  • 特になし。

どんなハーブ?

スカルキャップは、北アメリカを原産とするシソ科 タツナミソウ属の多年草です。背丈が30~50cmまで育ち、夏から秋にかけて青紫色の綺麗な花を咲かせます。

花が帽子のような形をしていることから、「スカルキャップ」との名がついたといわれています。和名は「タツナミソウ、コガネバナ」などと呼ばれています。

別名を「バージニアスカルキャップ」とも呼ばれておりますが、これは原産地の北アメリカのバージニアに因んだものと言われています。

データ

学名 Scutellaria lateriflora(スクテラリア・ラテリフロラ)
英名 Skullcap(スカルキャップ)
別名 バージニアスカルキャップ
和名 タツナミソウ、コガネバナ
科名 シソ科 タツナミソウ属
分類 多年草
原産地 北アメリカ
ティーに使う部分 地上部
主要成分 フラボノイド、タンニン、揮発油、苦味質、ミネラル、精油、タンニン 、etc…