マレイン茶

ぜん息や気管支炎などの呼吸器系の症状の緩和に。

原産地をアジアやヨーロッパとする、ゴマノハグサ科に属するマレイン。

柔らかい毛に覆われた葉を持ち、色鮮やかな黄色い花を咲かせる二年草です。成長すると約1.5メートル以上になるものもあります。

かつて、アメリカの先住民は、気を失った人の意識を回復させるために、マレインの葉を燃やして使用していたといいます。

ティーには、呼吸器系の粘膜を鎮静させる働きや、痰を排出させる働きがあります。

そのため、風邪やぜん息、気管支炎、慢性の咳、呼吸困難など、呼吸器系の症状を緩和させたいときに有効です。

近年の研究では、インフルエンザなどの症状に効果があることが分かり、また、抗結核作用もあることが分かってきました。

さらには、抗菌作用もあり、かつては葉で食べ物を包んで、防腐としての役割を果たしていたといいます。

スポンサードリンク

作用

鎮痛、鎮痙、去痰、抗菌、抗炎症など。

味と香り

少し甘みが感じられる香りで、癖がなく飲みやすい。

注意事項

どんなハーブ?

マレインは、ヨーロッパ、北アフリカ、アジアを原産とするゴマノハグサ科 モウズイカ属の二年草です。和名は「ビロードモウズイカ」と呼ばれています。

データ

学名 Verbascum tbapsus
英名 Great Mullein、Common Mullein
別名
和名 ビロードモウズイカ
科名 ゴマノハグサ科 モウズイカ属
分類 二年草
原産地 ヨーロッパ、北アフリカ、アジア
ティーに使う部分 花、葉
主要成分 粘液質、サポニン、フラボノイド、配糖体、精油