ハハコグサ

咳や痰など呼吸器系の不調に役立つハーブティー

キク科ハハコグサ属の越年草であるハハコグサ。

春の七草の一つ「御形(ごぎょう、おぎょう)」としてお馴染みのハーブで、4~6月にかけて、黄色い花を咲かせます。

現在、ヨモギを使って作られる草餅は、古くはハハコグサを使っていたといいます。

ティートしての効能は、咳を鎮める鎮咳作用や、痰を切ってくれる去痰作用があります。喉が痛いときには、ハーブティーを冷まして、うがいをすると効果的です。

また、利尿作用もあり、むくみの改善にも役立つとされています。

ちなみに、全草を乾燥させたものは、生薬名を鼠麹草(そきくそう)といい、鎮咳作用があることで知られています。

スポンサードリンク

作用

鎮咳、去痰、利尿など。

味と香り

やや苦さと渋みを感じる風味。

注意事項

  • キク科の植物にアレルギーがある方は、注意が必要です。

どんなハーブ?

ハハコグサは、日本全国、中国、インド 、マレーシアを原産とするキク科 ハハコグサ属の越年草です。和名は「ハハコグサ(母子草)」と呼ばれています。

データ

学名 Gnaphalium affine
英名 Jersey Cudweed
別名 御形(ごぎょう、おぎょう)
和名 ハハコグサ(母子草)
科名 キク科 ハハコグサ属
分類 越年草
原産地 日本全国、中国、インド 、マレーシア
ティーに使う部分 全草
主要成分 フィトステロール、ルテオリン・モノグリコシド、硝酸カリ、フラボノイド、etc…