ユズ茶

体を温める作用があり、冷え性の改善に♪

日本では冬至の日のユズ湯として、古くから親しまれているユズ。冬の寒い時期に体を温めることで知られており、ユズ湯をはじめ、アロマテラピーの方でも注目されています。

では、ユズ茶のハーブティーとしての効能を見ていきましょう。

スポンサードリンク

ハーブティーの効能

体への効能

血行を促進させる作用のあるビタミンEなどが含まれており、体を温める働きがある為、冷え性の改善に有効です。

また、ユズの皮にはビタミンCがレモンの約3倍も含まれており、免疫力を強化する働きがあるため、風邪の予防に役立ちます。

その他、べクチンという成分が含まれており、コレステロールを排出する作用があります。その為、高血圧を予防するといわれています。

さらには、べクチン、フラボノイドの成分の作用により、糖尿病の予防にも効果が期待できます。

総合的に、ビタミンCやE、フラボノイドを含む種子は、神経痛、リウマチによいといわれています。

肌への効能

ビタミンCと言えば、コラーゲンの生成を補助するため、肌にハリを与えるといわれています。

また、フラボノイドには抗酸化作用がある為、肌の若返り、老化防止などのアンチエイジングに役立ちます。

心への効能

ユズと言えば、アロマテラピーの精油としても人気があり、リラックス効果があることで知られています。.

作用

血行促進、毛細血管強化、発汗、免疫力強化、抗菌、抗炎症、抗酸化、神経鎮静など。

味と香り

爽やかな柑橘系のユズの香りと、甘味のある味。

注意事項

  • 特になし。

どんなハーブ?

ユズは、日本を原産と言われているミカン科 ミカン属の常緑小高木です。

和名はそのまま「ゆず(柚子)」と呼ばれており、消費量、生産量共には日本が最大です。全国に渡り広く栽培されており、特に高知県、徳島県、宮崎県が有名です。

果実は酸味が強いため、そのまま食用として食べることはありませんが、果汁を和風料理の調味料として利用したりされています。

また、皮の部分は薬味や香辛料として利用されており、九州では唐辛子などと混ぜて作った「柚子胡椒」が有名です。和風料理そのほか、様々な料理の薬味として利用されています。

その他、ワインやチューハイなどのお酒に加えられたり、香水の原料としても利用されています。

近年では、血行を促進させ体を温める効能があることから、アロマテラピーで用いられており、「和の精油」として人気があります。

データ

学名 Citrus junos
英名 Yuzu
別名 ホンユズ
和名 ゆず(柚子)
科名 ミカン科 ミカン属
分類 常緑小高木
原産地 日本
ティーに使う部分 果皮
主要成分 ビタミンC、ビタミンE、フラボノイド、べクチン、クエン酸、精油、etc…