ヤロウ茶

毒素を体外に排出。風邪やせきなどの症状に。

ヨーロッパを原産地とするキク科に属する多年草のヤロウ。学名の「achillea(アキレア)」は、ギリシャ神話に登場する英雄「アキレス」に由来すると言われています。

英雄「アキレス」は、古くから止血作用をもつことで知られているこのハーブで、戦いにより受けた傷の手当に、ヤロウを使用していたと言います。

ティートして飲むと、発汗を促して毒素を体外へ排出する「発汗作用」があり、熱を伴う風邪やせき、咽頭炎といった感染症を緩和するのに役立ちます。

また、利尿作用もあるため、膀胱炎などの泌尿器系の感染症にも有効です。

消化器系の不調にも働きかけ、消化不良や食欲不振などの緩和にも役立ちます。

その他、ホルモン様作用をもつステロールが、月経痛や月経不順の改善に役立ちます。

スポンサードリンク

作用

発汗、利尿、収れん、抗菌、抗炎症、止血、ホルモン様など。

味と香り

ハッキリとした独特の香りと、やや辛みのある味。

注意事項

  • キク科植物にアレルギー反応を示す方、妊娠中の方は、使用を避けましょう。
  • 多量に飲用すると頭痛やめまいを起こすことがあるので、注意が必要です。

どんなハーブ?

ヤロウは、ヨーロッパ(ハンガリーなど)を原産とするキク科 ノコギリソウ属の多年草です。現在、世界中の暖かい地域に生息しています。

背丈は50~1mほどまで生長し、6~8月にかけて桃色や白色などの小さな花を咲かせます。

和名は「セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)」と呼ばれ、ソノギリのような形をしていることから、その名がついたと言われています。

データ

学名 Achillea millefolium
英名 Yarrow(ヤロウ)
別名
和名 セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)
科名 キク科 ノコギリソウ属
分類 多年草
原産地 ヨーロッパ(ハンガリーなど)
ティーに使う部分 葉、花
主要成分 クマリン、ラクトン、ステロール、フラボノイド、タンニン、サポニン、精油