ターメリック茶

肝臓、胃、胆のうの健康に。肌の老化防止に。

日本では和名の「ウコン」として、健康食品やドリンクとして親しまれているターメリック。

根を乾燥させて粉末にしたものは、カレー粉やインド料理に使われています。

鮮やかな黄色の色素成分であるクルクミンは、胆汁の分泌を促進し、肝臓の働きを強化する作用があります。

お酒を普段からよく飲む方や、肝臓の調子が気になる方は、ターメリックティーを日ごろから飲んでみるとよいでしょう。

また、消化力を高め、腸内細菌を改善する働きもあり、胃や胆のうを丈夫にするのに役立ちます。

さらには、老化の原因となる活性酸素の発生を抑える作用(抗酸化作用)が、最近注目されています。

ターメリックは、老化防止やアンチエイジングの効果も期待できるのです。

スポンサードリンク

作用

健胃、強肝、利胆、抗炎症など。

味と香り

すっきりとしたスパイシーな味と香り。

注意事項

  • 妊娠中の方、胃かいよう、胃酸過多の方、胆迫閉鎖、胆石の方は、使用を避けましょう。

どんなハーブ?

ターメリックは、インドを原産とするショウガ科 ウコン属の多年草です。和名は「ウコン(鬱金、欝金、宇金、郁金、玉金)」と呼ばれています。

データ

学名 Curcuma longa
英名 Turmeric(ターメリック)
別名
和名 ウコン(鬱金、欝金、宇金、郁金、玉金)
科名 ショウガ科 ウコン属
分類 多年草
原産地 インド
ティーに使う部分
主要成分 クルクミン、精油、デンプン、アルブミン、カリウム、ビタミン類