サルサパリラ

炎症を抑える作用があり、関節炎やリウマチに。

サルサパリラは、シソ科シオデ属(サルトリイバラ属)の植物です。サルトリイバラ属はつる植物で、全世界に約350種ほどが分布しています。

古くから生薬や漢方薬として、リウマチや関節炎など様々な治療に用いられてきた歴史があり、ヨーロッパでは16世紀から、淋病や梅毒などの性病の治療薬としても利用されてきました。

アメリカでよく飲まれている炭酸飲料水「ルートビア」にも、サルサパリラがブレンドされています。

ハーブティートしての効能は、炎症を抑える作用があり、関節炎や筋肉痛、リウマチなどに効果が期待できます。

また、発汗作用や利尿作用があり、体内の毒素を排出させるのに役立ちます。

スポンサードリンク

作用

抗炎症、強壮、発汗、利尿、解毒、肝臓保護、血液浄化、etc…

味と香り

清涼感のある独特な味と香り。

注意事項

  • 他の薬との相互作用の報告がある為、薬を服用中の方や通院中の方は、医師に相談の上、飲用するようにしましょう。

どんなハーブ?

サルサパリラは、アメリカを原産とするユリ科 シオデ属です。和名は「サルサパリラ」と呼ばれています。

データ

学名 Smilax febrifuga
英名 Sarsaparilla(サルサパリラ)
別名
和名 サルサパリラ
科名 ユリ科 シオデ属
分類
原産地 熱帯アメリカ
ティーに使う部分
主要成分 サポニン配糖体、脂肪酸、ビタミン、etc…