ローズマリー茶

若さをキープ、体の疲れを回復、記憶力や集中力、活力を高めるハーブ。

古代ギリシャ、ローマ時代から「若返りの妙薬」として伝えられてきたローズマリー。

名前の由来は、ラテン語の「海のしずく」を意味する言葉です。

日本では、和名が「万年郎」と名づけられ、「永遠の青年」を意味するそうです。 さすが、若返りのハーブですね。

古くから若返りのハーブとして知られてきたことが、近年の研究により、強力な抗酸化成分をもっていることが分かり、若さを維持するのに有効であることが裏づけられました。

ティーを飲むと、血行をよくする作用があり、心身の活力を高めるのに効果的です。
体の疲れをやわらげたいときや、体の回復を早めたいときに役立ちます。

また、抗菌作用や消化促進作用もあり、風邪やウイルス、消化不良の改善にも役立ちます。

さらに、脳の働きを活性化して、記憶力や集中力を高める作用もあるといわれています。仕事や勉強など、集中したいときに飲むとよいでしょう。

スポンサードリンク

作用

抗酸化、血行促進、殺菌、消化促進など。

味と香り

スーッとした刺激的な香りで、スッキリとした味。

注意事項

  • 妊娠中や高血圧の人は、連続して長期間にわたる常用、多量な飲用は避けましょう。

どんなハーブ?

ローズマリーは、地中海沿岸地方を原産とするシソ科 マンネンロウ属の常緑低木です。和名は「マンネンロウ」と呼ばれています。

データ

学名 Rosamarinus officinalis
英名 Rosemary
別名
科名 シソ科 マンネンロウ属
分類 常緑低木
和名 マンネンロウ
原産地 地中海沿岸地方
ティーに使う部分
主要成分 精油、フラボノイド、フェノール酸