ローズヒップ茶

肌の弾力を保ち、美肌・美白効果が期待できるハーブ。

ドッグローズの実から採れるローズヒップは、ビタミンA・B・C・D・E・Kなどを多く含むため、「ビタミンの爆弾」とも呼ばれています。

そのなかでも、特にビタミンCが豊富で、レモンの約10~20倍含まれているといわれています。

喫煙者やアルコールを飲む人、ストレスをためこむ人、紫外線を浴びやすい人は、ビタミンCの消費量が多い傾向にありますので、ローズヒップティーを飲むとよいでしょう。

また、メラニン色素の生成を防いで、シミの予防に役立ちます。さらに、コラーゲンの生成に関係するので、肌の弾力を保ち、美肌・美白効果が期待できます。

女性にとって、とても嬉しいハーブではないでしょうか。

スポンサードリンク

作用

綴下、収れん、保湿、抗酸化など。

味と香り

甘い香りで、ほどよい酸味でおいしい。

注意事項

  • 長期、過剰に飲み続けると下痢をすることがありますので、注意しましょう。

どんなハーブ?

ローズヒップは、南米、ヨーロッパを原産とするバラ科 バラ属の落葉低木です。和名は「犬薔薇(イヌバラ)」と呼ばれています。

データ

学名 Rosa canina(ロサ カニナ)
英名 Rose Hip(ローズヒップ)、Dog Rose(ドックローズ)
別名
科名 バラ科 バラ属
分類 落葉低木
和名 犬薔薇(イヌバラ)
原産地 南米、ヨーロッパ
ティーに使う部分 果実
主要成分 ビタミン類、ペクチン