ルイボス茶

老化を防いで若さを保つアンチエイジング効果のあるハーブ。

南アフリカ共和国に広がるセダルバーク山脈の一帯にのみ生息する「ルイボス」。

現地では古くからその効能が知られており、「伝説の健康茶」や「不老長寿のお茶」として日常的に飲まれていました。

ルイボスは、南アフリカ共和国特産のハーブとして有名です。そんな健康茶である「ルイボスティー」には様々な効能があります。

では、ハーブティーとしての効能を見ていきましょう。

スポンサードリンク

ハーブティーの効能

一番効能として言われていますのが、アレルギーを軽減する作用があることです。アトピーや喘息、花粉症などの改善に役立つハーブです。

また、近年注目されている効能がアンチエイジング効果です。成分であるフラボノイドを豊富に含むことから、体を老化させるといわれる「活性化酸素」を除去し、若々しさをキープする効果が期待できます。

他にも、カルシウムやビタミン類が含まれており、胃の不調や下痢の改善に有効です。さらには、代謝促進作用により、冷え性や便秘の改善にも役立ちます。

ルイボスはノンカフェインですので、就寝時前でも気軽に飲んでいただけるというメリットがあります。お休み前でもすっきりとした味わいであり、健康、美容にも大変効果がありますので、就寝前に少し落ち着きたい時などにもおススメです。

それだけではなく、ノンカフェインなので、妊娠中の女性にも安心して飲用可能です。また、お子さんにも安心して飲んでいただけます。

美容と健康のために、習慣的に飲みたいハーブティーではないでしょうか。

作用

発汗、利尿、収れん、抗菌、抗炎症、止血、ホルモン様など。

味と香り

独特な香りを放ち、少し甘みのあるすっきりとした味わいで飲みやすい。

注意事項

どんなハーブ?

ルイボスは、南アフリカを原産とするマメ科 アスパラトゥス属の常緑潅木です。和名は「ルイボス 」と呼ばれています。

データ

学名 Aspalathus linearis
英名 Rooibos(ルイボス)
別名
科名 マメ科 アスパラトゥス属
分類 常緑潅木
和名 ルイボス
原産地 南アフリカ
ティーに使う部分 葉、枝
主要成分 フラボノイド、フラボノイド配糖体、ルチン、タンニン、ジヒドロカルコンC、フェノール酸、配糖体(アスパラシン)