リンドウ茶

胃もたれや食欲不振など、消化器系に効果を発揮♪

リンドウは健胃が有名で、漢方などの薬理的にも利用されています。

リンドウにはゲンチオピクロシドやゲンチジンという苦味成分が含まれており、健胃作用や胆汁分泌作用があるとされています。

その為、胃もたれや食欲不振、消化不良、胃酸過多症、腹痛など消化器系の不調に有効とされています。

また、のどがはれて痛いとき、根をくだいて飲むと痛みがとれます。

スポンサードリンク

作用

健胃、胆汁分泌促進など。

味と香り

さわやかな香りがありますが、ビックリするほどの苦味があります。

注意事項

  • 特になし。

どんなハーブ?

リンドウは、日本を原産とするリンドウ科 リンドウ属の多年草です。和名は「リンドウ(竜胆)」と呼ばれています。

データ

学名 Gentiama scabra var. buergeri
英名 Japanese gentian
別名 リュウタン
和名 リンドウ(竜胆)
科名 リンドウ科 リンドウ属
分類 多年草
原産地 日本
ティーに使う部分
主要成分 ゲンチオピクロシド、ゲンチジン、etc…