オレガノ茶

スパイシーな香りで消化を促し気持の高ぶりを抑える。

ヨーロッパの地中海沿岸地方が原産のオレガノ。

古くからヨーロッパでは、頭痛やリマウチ痛、生理痛を鎮め、また、消化機能を高める薬草として利用されてきました。

日本では、ピザやスパゲティ、トマト料理など、イタリア料理や地中海料理、メキシコ料理に使われるスパイスとして知られています。

香りはコショウのようにスパイシーで刺激的であり、オレガノで入れたティーは後味がさっぱりしています。

ハーブティーとしての効能は、胃腸の調子を整え、消化を促す効果があるため、食べ過ぎたときに飲んでおくと良いでしょう。

また、強壮作用もあり、風邪や気管支炎、神経性の頭痛、生理痛などをしずめるのに有効です。

肉体的な部分だけでなく精神面でも効果を発揮します。

神経が過敏になっているときは、気持ちの高ぶりを抑えてくれるでしょう。

スポンサードリンク

作用

強壮、消化促進、健胃、整腸、抗菌など。

味と香り

コショウのような刺激的な香りで、苦味と辛み、スパイシーな風味がある。

注意事項

  • 妊娠中の方や、病気を治療中の方は、医師にご相談下さい。

どんなハーブ?

オレガノは、ヨーロッパの地中海沿岸を原産とするシソ科 ハナハッカ属の多年草です。和名は「ハナハッカ(花薄荷)」と呼ばれています。

データ

学名 Organum vulgare
英名 oregano
別名
科名 シソ科 ハナハッカ属
分類 多年草
和名 ハナハッカ(花薄荷)
原産地 ヨーロッパの地中海沿岸
ティーに使う部分
主要成分 精油、タンニン、樹脂、苦味質