ノカンゾウ

解熱に、膀胱炎やむくみの改善に、不眠症に有効

ユリ科ワスレグサ属の多年草のノカンゾウ(野萱草)。別名を「ワスレグサ(忘れ草)」とも言います。

7~8月頃に開花した花とつぼみを採取し、湯がいた後に乾燥させたものを生薬名で、「金針菜(きんしんさい)」といいます。

ハーブティートしての効能は、ノカンゾウの「どの部位」を使用するかによって異なります。

つぼみは解熱に役立つとされています。また、根には利尿作用があり、膀胱炎やむくみの改善に役立つほか、不眠症にも効果的と言われています。

また、花や若葉、若芽は食用としても人気があります。揚げ物や煮物などに調理され、食されています。

ちなみに、ノカンゾウに似た花をもつ「ヤブカンゾウ」や、「ホンカンゾウ」のつぼみと根も利用されています。

スポンサードリンク

作用

解熱、利尿、鎮静

味と香り

ノカンゾウ独特な風味で、とろみと甘味がある。

注意事項

  • 特になし。

どんなハーブ?

ノカンゾウは、日本を原産とするユリ科 ワスレグサ属の多年草です。和名は「ノカンゾウ(野萱草)」と呼ばれています。

データ

学名 hemerocallis fulva var. longituba
英名
別名 ベニカンゾウ
和名 ノカンゾウ(野萱草)
科名 ユリ科 ワスレグサ属
分類 多年草
原産地 日本
ティーに使う部分 つぼみ、根、葉
主要成分 ヒドロオキシグルタミン酸、アルギニン、アスパラギン、リジン、コハク酸、etc…