マルベリー茶

糖分の吸収を抑える働きにより、糖尿病やダイエットにおすすめ。

蚕(かいこ)が食べるクワの葉として知られているマルベリー。
なかでもマグワが、中国で薬草として、漢方に利用されてきました。

日本でも、古くから健康茶として利用されてきています。

ティートして飲むと、葉に含まれる成分が、糖分を吸収するのを抑える働きがあります。

したがって、食前の飲用が進められており、ダイエット効果が期待できます。また、糖尿病を患っている方にも、有用とされています。

また、腸内に存在するビフィズス菌など、善玉菌の働きを活性化させる働きがあるので、便秘の改善が期待できます。

穏やかな解熱作用もありますので、風邪などにも有効です。

スポンサードリンク

作用

血糖値降下、血圧降下、利尿、解熱、消炎、鎮咳、強肝 など。

味と香り

草のような味と香り。やや苦味があるが、まろやかで飲みやすい。

注意事項

  • まれに、腹部膨満感が起こることがあるので、注意が必要です。

どんなハーブ?

マルベリーは、東アジアを原産とするクワ科 クワ属の落葉高木です。和名は「クワ」と呼ばれています。

データ

学名 Morus alba
英名 Mulberry(マルベリー)
別名
和名 クワ
科名 クワ科 クワ属
分類 落葉高木
原産地 東アジア
ティーに使う部分
主要成分 ガンマアミノ酪酸(GABA)、フィトステロール、デオキシノジリマイシン、クロロフィル、ミネラル