レモンバーベナ茶

レモンのような香りでリラックス。頭痛や吐き気の緩和、消化促進に。

「ハーブティーの女王」とも呼ばれているレモンバーベナ。

フランスでは、「ベルベーヌ」という名でカフェの定番メニューになっており、また、就寝前にリラックスさせてくれるティーとして親しまれています。

レモンバーベナは、ドライとフレッシュどちらでも使え、ドライのものでも香りが長持ちします。

ハーブティーとしての効能は、さわやかなレモンの香りが、神経を落ち着かせて、明るい気分にさせてくれます。

また、鎮静作用により、頭痛や偏頭痛、吐き気を緩和するのに役立ちます。

その他、消化を促して胃腸の働きを助けてくれるので、食欲のないときや食べ過ぎたときなどにもおすすめです。

スポンサードリンク

作用

鎮静、鎮痛、消化促進、食欲増進など。

味と香り

さわやかなレモンのような香りと風味。

注意事項

  • 長期や大量での飲用は、胃に刺激を及ぼす可能性がある為、注意しましょう。

どんなハーブ?

レモンバーベナは南米(アルゼンチン、チリ、ペルー)原産のクマツヅラ科イワダレソウ属の落葉低木です。背丈は1~3m程まで成長し、夏から秋にかけて白もしくは紫色の花を咲かせます。

葉には、レモンと同じ成分のシトラールが含まれている為、レモンのような香りがあります。

1784年に原産地である南米からヨーロッパへと伝えられ、指を洗うフィンガーボールの香りづけに使われていました。

現在では、石けんや化粧品、香水の原料としても活用されています。

データ

学名 Aloysia tripylla
英名 Lemon verbena
別名 ベルベーヌ
和名 コウスイボク(香水木)、ボウシュウボク(防臭木)
科名 クマツヅラ科 イワダレソウ属
分類 落葉低木
原産地 南米(アルゼンチン、チリ、ペルー)
ティーに使う部分
主要成分 精油、フラボノイド