ホップ茶

生理痛や更年期障害など、女性に有効なハーブティー。

ビールの香り付けや苦味などの原料として知られているホップ。

優れたホルモン作用と鎮静作用、安眠作用があることから、生理痛や、月経前症候群、更年期障害による緊張や不安、不眠などの諸症状を緩和するのに役立ちます。

これらの作用があることから「女性のためのハーブティー」とも呼ばれています。

スポンサードリンク

作用

鎮静、鎮痛、ホルモン様、催眠、抗菌、利尿など。

味と香り

ビールのような香りと味わい。やや苦味がある。

注意事項

  • うつ病の傾向がある方や、子供への使用は避けましょう。

どんなハーブ?

ホップは、ヨーロッパ南部~西アジアを原産とするクワ科 カラハナソウ属のつる性多年草です。和名は「セイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)」と呼ばれています。

データ

学名 Humulus lupulus
英名 Hop(ホップ)
別名
和名 セイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)
科名 クワ科 カラハナソウ属
分類 つる性多年草
原産地 ヨーロッパ南部~西アジア
ティーに使う部分 花(毯果)
主要成分 精油、苦味質、フムロン、フラボノイド、アミノ酸