ハコベ茶

肌のトラブルやリウマチ、虚弱体質などに有効♪

別名をチックウィードやヒヨコグサと呼ばれているハコベ。「春の七草」の一つとして知られています。

ハーブティーは、外用と内用でそれぞれ効能を持っており、外用はパックか軟膏で利用されています。

パックの場合、全草を熱湯に浸してから温度を下げ、ガーゼなどに塗って患部に当てます。

効能としては、収れん作用や鎮静作用があり、皮膚炎や湿しん、外傷などの切り傷、かゆみ乾癬などに有効とされています。

また、関節炎やリウマチに対しても効果が期待できます。

内用としては、乾燥させた全草を煎じるか、フレッシュのまま熱湯に浸してから飲用します。

便秘の改善や膀胱炎の緩和、ミネラルなどによる虚弱体質の緩和に有効とされています。

また、葉緑素の抗菌作用による歯槽膿漏の予防や、コレステロール抑制作用による高血圧の予防、その他、胃の粘膜の保護、修復に有効とされています。

スポンサードリンク

作用

抗菌、解毒、収れん、鎮静、鎮痛、コレステロール抑制など。

味と香り

土を思わせる香りと、やや甘味のある味。

注意事項

  • 特になし。

どんなハーブ?

ハコベは、ヨーロッパを原産とするナデシコ科 ハコベ属の一年草、または寿命の短い多年草です。和名は「ハコベ」と呼ばれています。

データ

学名 Stellaria media
英名 Chickweed
別名 チェックウィード、ヒヨコグサ
和名 ハコベ
科名 ナデシコ科 ハコベ属
分類 一年草、または寿命の短い多年草
原産地 ヨーロッパ
ティーに使う部分 全草
主要成分 サポニン、ビタミン、ミネラル、葉緑素、タンパク質、フラボノイド、カロチノイド、鉄、etc…