エルダーフラワー茶

「インフルエンザの特効薬」として伝統医学で使われてきたハーブ。

ヨーロッパの各地に生息するエルダーフラワー。ヨーロッパやアメリカでは、古くから伝統医学で使われてきた歴史をもちます。

ヨーロッパでは、昔から加糖したものを子供の風邪薬として使われていました。また、アメリカでは、発刊作用や利尿作用に優れているため「インフルエンザの特効薬」と呼ばれていました。

温かいティーを飲むと、血液循環を刺激して発刊を促し、体内の毒素の排出に役立ちます。

風邪のひきはじめや花粉症対策などに効果が期待できます。また、鼻やのどの痛みには、ティーでうがいをするとよいでしょう。

マスカットに似た甘い香りが特徴で、エルダーフラワーが含まれたジャムなども販売されております。

どんなハーブ?

ヨーロッパ及び西アジアが原産の落葉低木で、背丈は9mほどまで育ちます。

6月頃にクリーム色の花を咲かせ、その後は紫色の実をつけます。

スポンサードリンク

作用

発刊、利尿、鎮痙など。

味と香り

マスカットに似た甘い香りで、やさしい味わい。

注意事項

  • 葉は有毒なので、飲用しないように注意しましょう。

どんなハーブ?

エルダーフラワーは、ヨーロッパ、西アジアを原産とするスイカズラ科 ニワトコ属の落葉低木です。和名は「セイヨウニワトコ」と呼ばれています。

データ

学名 Sambucus nigra
英名 elder(エルダー)
別名 パイプツリー
和名 セイヨウニワトコ
科名 スイカズラ科 ニワトコ属
分類 落葉低木
原産地 ヨーロッパ、西アジア
ティーに使う部分
主要成分 精油、フラボノイド、粘液質