アニスシード茶

口臭予防、胃もたれ、咳に効果を発揮。

古代エジプト時代から栽培されており、ミイラの防腐剤として用いられてきたアニスシード。

アニスシードには消臭作用があり、口臭予防の歯磨き粉などにも利用されてきました。

口臭が気になるときは、ティーを飲むか、ティーでうがいをするとよいでしょう。口の中がさっぱりとします。

また、消化促進作用もあり、食べすぎた後などに飲むと、胃腸の働きを促進させ、胃もたれを防ぐのに役立ちます。

お腹にガスがたまって苦しいときには、ガスを排出するのに役立ちます。

さらに、咳を鎮める去痰作用もあり、風邪やぜん息にも役立ちます。

スポンサードリンク

作用

消臭、消化促進、去痰、防腐、利尿、駆風など。

味と香り

ほのかな甘味と香りのなかに、かすかな苦味。

注意事項

  • 妊娠中の方は、使用を避けましょう。

どんなハーブ?

アニスシードは、地中海東部地域(アナトリア半島、ギリシア、エジプトなど。)を原産とするセリ科の一年草です。和名は「アニス」と呼ばれています。

データ

学名 Pimpinella anisum
英名 anise(アニス)
別名
和名 アニス
科名 セリ科
分類 一年草
原産地 地中海東部地域(アナトリア半島、ギリシア、エジプトなど。)
ティーに使う部分 種子
主要成分 精油、アネトール、コリン、糖類、粘液質、クマリン