アンジェリカ

冷え性やPMS、更年期障害などに効果的♪

アロマテラピーの精油として、精神面の不調に効果的なアンジェリカルート。

ハーブティートしての効能は、血行促進作用により体を温める働きがあるため、冷え性の改善に有効です。

また、ホルモンバランスを調整する働きもあり、更年期障害やPMS(月経前症候群)の症状を緩和するのに役立ちます。

そのほか、胃液や胆汁の分泌を促進させる作用があり、食欲不振や消化不良、胸焼け、吐き気など胃腸のトラブルにも有効です。

アンジェリカルートは、ヨーロッパでは古くから「天使のハーブ」と呼ばれ親しまれてきました。その理由は、天使がアンジェリカの持つ力を人間に与えたと言われててきたからです。

また、「精霊の根(ホーリースピリットルート」との別名でも呼ばれ、教会などの神聖な場所で栽培する植物でもあります。

スポンサードリンク

作用

血行促進、ホルモン様、強壮、健胃、鎮静、鎮痛、利胆、駆風、etc…

味と香り

ピリッとしたスパイシーな香りで、やや苦味のある味。飲みにくい場合は他のハーブとブレンドを。

注意事項

  • 妊娠中の方や、子供への使用は避けましょう。
  • 飲用後、直射日光を避けましょう。

どんなハーブ?

アンジェリカルートは、シベリアを原産とするセリ科 シシウド属の二年草です。和名は「セイヨウトウキ(西洋当帰)」と呼ばれています。

データ

学名 Angelica arcbangelica
英名 Garden Angelica(ガーデン・アンジェリカ)
別名 アンゼリカ
和名 セイヨウトウキ(西洋当帰)
科名 セリ科 シシウド属
分類 二年草
原産地 シベリア
ティーに使う部分
主要成分 フィトステロール、ショ糖、アンゲリカ酸、苦味質、精油、etc…